パソコンにまつわる備忘録

豆知識やプログラミングなど、パソコンにまつわる事柄を備忘録的に掲載しています!

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【C#】SharpDevelopでWEBコンポーネントを扱う(その2)

前回、簡易ブラウザーは作成することができました。
今日は、本格的なブラウザーを作ろうと四苦八苦。

void Button1Click(object sender, System.EventArgs e)
{
object r = \"\";
object header = \"User-Agent:Mozila4.0\"; axWebBrowser1.Navigate(\"http://www.yahoo.co.jp/\",ref r,ref r,ref r,ref header);
}

というような感じでサイトにアクセスするのですが、headerについてはUser-Agent以外にも種類があるわけでして、その設定の仕方が全くわかりませんでした。
また、プロキシの通す場合の方法もわかりませんでした。
これでは完成まで時間がかかりそう...
スポンサーサイト
  1. 2005/08/29(月) 23:54:33|
  2. C#プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【C#】SharpDevelopでWEBコンポーネントを扱う

SharpDevelopでWEBブラウザを作ろうと思いましたが、WEBコンポーネントが標準で設定されていないため、少々面倒です。

①「shdocvw.dll」を「AxImp.exe」にドラッグ(または、DOSモードで、C:\AxImp.exe shdocvw.dll等)すると、「C:\Documents and Settings\username」に、「AxSHDocVw.dll」と「SHDocVw.dll」の2つのファイルが作成されます。
②SharpDevelopを起動しアプリケーションの作成に入ったら、左バーのプロジェクトタブの「参照」を右クリックし、「参照を追加」を選択します。
③次に「.NETアセンブリブラウザ」タブの「参照」ボタンをクリックし、先ほど作成された「AxSHDocVw.dll」を選択します。
④次に、左バーのツールを右クリックし、「サイドバーの構成」を選択します。(ツールの見出しの上で右クリックしないと「サイドバーの構成は表示されません)
⑤「カテゴリ」を適当に選択して、「コンポーネントを追加」をクリックします。
⑥「カスタム」タブで「AxSHDocVw.dll」を参照し、「コンポーネントの表示」をクリックします。
⑦すると「追加するコンポーネント」が表示されます。
⑧写真のようにコンポーネントができていれば成功です。GUIでformに貼り付けることができます。
Components

※上記作業において「AxSHDocVw.dll」と「SHDocVw.dll」は、どのフォルダに置いておいても大丈夫です。ビルドすると実行ファイルと同じフォルダに生成されます。
  1. 2005/08/27(土) 16:08:25|
  2. C#プログラミング
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

【C#】テキストファイルをcomboBoxに読み込む

void MainFormLoad(object sender, System.EventArgs e)
{
string line = null;
//コンボボックスをクリアする
comboBoxTest.Items.Clear();
//テキストファイルを開く
StreamReader sr = File.OpenText("test.txt");
//再描画しないようにする(ちらつき防止)
comboBoxTest.BeginUpdate();
//テキストファイルの最後までループ
while((line = sr.ReadLine()) != null)
{
//コンボボックスに1行ずつ挿入する
comboBoxTest.Items.Add(line);
}
//再描画するようにする
comboBoxTest.EndUpdate();
//コンボボックスの1行目を表示させる
comboBoxTest.SelectedIndex = 0;
}
  1. 2005/08/26(金) 01:11:51|
  2. C#プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SharpDevelop 1.0.3.1768 (1.0.3a) でプログラミングに挑戦!!

これまで、いろいろなプログラム言語に触れてきましたが、どれも完全に習得できずに今日に至っています。
かろうじて言えば、MSXというパソコンでのプログラムには自信がありました。マシン語(懐かしすぎ!)も習得し、「MSXマガジン」へ2回自作ゲームを採用していただきました。
時は流れ、心機一転プログラムを会得しようと立ち上がることとしました。 VB、C++、C#、JAVA言語は数あれど、どうせならということでC#に挑んでみることに決定!
開発ツールは、MS社製は高価なので、フリーのSharpDevelop 1.0.3.1768 (1.0.3a) を使用することにします。さてさて、どうなりますか。
  1. 2005/08/26(金) 01:10:54|
  2. C#プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。